teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


出典

 投稿者:さなえ  投稿日:2015年 4月23日(木)21時10分26秒
  「寡黙と多弁」『月刊言語17巻7月号』60-65.のつもりでしたが、検索しても見つかりませんね。申し訳ありませんが手元に月刊言語はもう無いし、もしかしたら何かが間違っているのかもしれません。本名信行先生の著作は多いので、もし論文集の中の一つでしたら、論文のタイトルが正確でないと検索が難しそうですね。

お役に立てず申し訳ありません。
 
 

(無題)

 投稿者:武本Timothy  投稿日:2015年 4月23日(木)19時39分3秒
  ありがとうございます。恐縮ですまた投稿させていただきます。

> 日本の文化も変化し、欧米流の言い方を好む人もふえているかもしれません。

おっしゃるとおりです。欧米風に大げさに他人そして自分をほめることが少しずつ増えていくでしょうね。昔は自分を褒めてはだめでしたが、1996年の有森裕子の発言
https://www.youtube.com/watch?v=WIX0RXt7vbk&feature=youtu.be&t=9m0s
は、今日でしたらそう驚かれないしょう。

High context / Low context理論について次のようにお書きになっています。
Japanese  compliment  also shows  the  characteristics of  high context culture in  that the complimenter expects the recipient to supply the missing part of interaction (i.e., disclaimer.)
これこそ、褒められるのが好きだという前提で相手を褒めながら、自己批判(謙遜)する日本の褒め言葉の「パラドックス」をご説明されたと思います。まだ充分理解できていませんが、本人は、自らの発言が否定されるという期待をもっているのであれば、褒め言葉の言語意味内容というより、褒めることという行為が望まれるということかな。

お忙しいところでもうしわけございませんが、もしもお願いがあります。Honna, Nobuyuki  1988     "Kamoku to Taben", Gengo, 17, 7: 60-5. の日本語表記をずいぶん昔ですのでご無理でしょうが、お教えいただければうれしいです。雑誌は月刊言語でしょうかな。いろいろ検索しても見つかりません。(Honna: Tsuda, 1992参照)とすることができますので、もちろんのまたもちろん、ご無視されてけっこうです。

長くてもうしわけございません。

http://nihonbunka.com

 

コメント

 投稿者:さなえ  投稿日:2015年 4月23日(木)14時49分50秒
  久しぶりに掲示板に投稿があり、そして、ずいぶん古いペーパーにコメントをしていただきありがとうございます。

日本の文化も変化し、欧米流の言い方を好む人もふえているかもしれません。
 

Nice Paper

 投稿者:武本Timothy  投稿日:2015年 4月23日(木)09時19分51秒
  Contrasting Attitudes in Compliments: Humility in Japanese and Hyperbole in English
http://www.trinity.edu/org/ics/ICS%20Issues/02%20ICS%20II%201/Microsoft%20Word%20-%20p137%20Tsuda.pdf
はいいですね。現象についてはまさにおっしゃる通りです。たくさん「謙遜」や「お世辞」について読んでいても気付いていませんでした。どうもありがとうございました。我々から見れば日本人の「素敵なお家ね。我々から比べたら内なんてあばら家同然だわ」というのはとても不思議です。明らかにお世辞で「素敵なお家」はそれなり気持ちいいですが、謙遜していうのは、矛盾のように感じます。お世辞が気持ちよいのでありましたら、自分のうちも褒めなさいよという気持ちになります。私だけが子どもぽく、お世辞を楽しむと言いたいのか?とか。あるいは、後半の部分は明らかに否定しないといけないので、前半も嘘っぽくなります。「我が家もお宅も素敵だ」という単純なおごりが欧米流ですね。
お礼まで

http://nihonbunka.com

 

投稿ありがとうございます!

 投稿者:さなえ  投稿日:2008年11月17日(月)09時17分44秒
  トルコの写真、少しずつ見せていただいています。
たくさんあるので、昨日は最初の3日間を拝見しました。スケッチがすてきです。それに、ネコを見ている犬の写真があったり、楽しいです。
表紙の気球の写真もすてきですね。ちょっと、こわそう!

水泳は細々と週1ペースで続けています。バタフライ初級者なのに、無理して土曜日に中級クラスに入っているので、息切れしていつも最後尾でのろのろついていっています。背泳は初級クラスで基本を教えていただいたので、あまり曲がらずに泳げるようになり、ちょっと達成感を感じています!
 

お久しぶりです

 投稿者:M子  投稿日:2008年11月17日(月)07時37分26秒
  水泳は続けていらっしゃいますか?
私は今年もクロールの息継ぎを克服することができませんでした・・・
でも 2009年の目標が早くもできました!

大学祭の似顔絵、とてもよく描けていますね。見ていて楽しくなっちゃいました。
でも口が大きすぎますね・・・

http://home.v07.itscom.net/hiro/

 

YHさん

 投稿者:さなえ  投稿日:2008年 5月20日(火)16時29分59秒
  メールでお返事しましたので、読んでくださいね。  

ヒント

 投稿者:Y Hメール  投稿日:2008年 5月20日(火)15時37分10秒
   こんにちは!返信ありがとうございます。私は4大の人文学部1期生です。イニシャルはそのままYHです。英語の勉強は最近カナダとロスへ行っており、帰国したばかりです。仕事探さないと・・・もちろんこれからも英語は勉強していくつもりです!先生がお元気でしたら私もうれしいです  

短大の頃の学生さん?

 投稿者:さなえ  投稿日:2008年 5月19日(月)09時27分30秒
  YHさん 投稿ありがとう!
いつごろのゼミですか?
短大の英文学科の頃ですか?
卒論のテーマとか聞いたらわかるかしら?
やっぱり、わからないかも。英語の勉強はどんなことをしているのですか?
 

ご無沙汰しております

 投稿者:Y Hメール  投稿日:2008年 5月18日(日)22時26分55秒
   こんばんは!私のことを覚えてらっしゃいますか?かつて津田先生のゼミに在籍しておりました者です。(誰でしょう?)懐かしく思いメールさせていただきました。お元気でいらっしゃいますでしょうか? 個人的には今も英語の勉強はしています。。。突然のメール、失礼いたしました。  

レンタル掲示板
/3