teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


やっぱり楽しい( ^ω^ )

 投稿者:ナッキー  投稿日:2017年 9月14日(木)11時45分16秒
編集済
  今回で3回目の挑戦でした!!!
初めて夜叉を走ったのが2年前、マラソン初めて2年目!
初の100㌔超え!なんとか完走( ^ω^ )??
そして去年、ハリウッド ザ ヒザコショウを抱えての参戦!スタートしてスグに右膝に痛みが・・・敢え無く7㌔でリタイア(´°ω°)チーン
そこからは応援に切り替えて2日間終えました!
そして今年、1年かけて膝を治し3回目の挑戦!
あまり練習出来てない状態で不安を抱えてのスタートでした!
1日目暑さで脱水気味になり苦しい展開に(≧∇≦)
しかーし、意地でも完走したいという思いとボランティアの皆さんの暖かい声援とサポート&一緒に走ってくれた愉快な仲間達(尊敬する先輩方)のおかげでスペシャルドリンクを飲みながらのお喋りRUNでなんとか第一ステージクリア!!!
そして宴会(笑)
2日目!前日の宴会でセーブしたので快調なスタートでした≡┏( ^o^)┛
雨予報で夜叉ヶ池までの登山が心配でしたが、そこまではなんとか雨も降らず楽しくクリア!
そして残り半分!さあ、ここからや!!!
遂に雨が降り出してしまいましたが、これが俺にとっては恵の雨でした!
涼しくて走りやすかった!
関門もギリギリながらクリアしていき遂にやってきました、ふれあい街道!ココで最後のひと踏ん張り最終関門迄歩かず走りきり、そして脚が売り切れ(笑)
そこからはギリギリでしたが歩いても間に合う時間だったので一緒に走ってきた人達とお喋りウォーキング!!
そして10分前にゴール≡┏( ^o^)┛
沢山の人達に支えられてのゴールでした( ^ω^ )??
こんなに苦しいのにまた出たいと思うのはやっぱりこの大会には他の大会にはないボランティアの人達の暖かさがあるからだと思います!!!
ありがとうございましたm(_ _)m
もちろん来年も参加させていただきますので宜しくお願いします( ^ω^ )



 
 

記念大会に寄せて

 投稿者:星崎  投稿日:2017年 9月10日(日)20時02分29秒
  記念大会に寄せて   星崎 大和(岐阜県)
 身体に悪いなぁと思いつつも、つい参加申し
込みをするのがこの大会です。今年の記念大会
は申し込み遅れで、参加できず残念でした。
これまで21回参加してきましたが、積年に
逆らいつつ走るのは年々厳しくなっている。
思い返せば20余年前、元気に走っていた人達も
一人去り二人去りして参加名簿に載らなくなり、
いつの間にか自分らの名前が前の方に来ました。
あの頃の人たちはウルトラランナーの先頭を
楽しく走っていたなぁ。そんな人達に憧れ、
後姿を追いかけて、自分も走ってきました。
 来年は70歳、いつ走れなくなるかの年代に
なりますが、真夏の「夜叉ケ池伝説マラニック」に
さらに何度か参加すべく、日々の練習を重ねたい。
大会運営は何かと大変かと存じますが、さらに
伝統ある大会となりますように・・・、
来年の夏には、今年会えなかった人に会い、
清澄なる夜叉ケ池をめざして走りたい。
 

騒音について

 投稿者:近隣住民  投稿日:2017年 8月18日(金)22時23分13秒
  公民館前にて長時間に渡り太鼓を鳴らされていましたが自宅まで非常に音が響き迷惑しています。
来年からは近隣住民に十分に配慮し騒音を出すことなく行っていただきたいです。
 

(無題)

 投稿者:高井妙子  投稿日:2017年 8月16日(水)13時15分53秒
  私のボランティア体験記
                  川原エイド・スタート及びゴールのボランティア
                                 高井 妙子
こんなに暑くて苦しいマラニックだと知りもせず、7年前に走り終えた時、「二度と参加しないぞ。長い距離も嫌だ。内臓がズタズタになっていやだ。」それが夜叉が池との出会いでした。
 その後、走友仲間は毎年夜叉を走り続け楽しんでいるし、心待ちにさえしている。そして夜叉を運営している人達とも知り合い、一年を通して人生この大会の為に生きているんではないかとさえ思える熱心さとボランティア精神、そんな人達と接しているうちになぜかここ数年めげていた自分が夜叉に引き込まれている様な気がします。今回は走らない側からの参加で新たな感動を見つけたような気がします。
Tさんという初めて会ったランナー男性と軽四トラックで2日間、逞しく走るランナー達を追い続け、川原エイドに立ち寄りサポートに心掛けました。エイドでの地元のお父さんお母さん達は、自宅で収穫した果実や野菜を提供し、全てのランナーに言葉を掛け、ホッとした場を作って下さり、とても大きな愛情を感じました。
ランナーが途絶えた合間は世間話をして私達との繋がりを持って下さったし、そんな地元の方々の協力あってこその25回継続なんだと思いました。
川原エイドは、スタート17キロ地点であり、2日目はあと一息完走まで15キロ地点です。2日目での川原エイドはランナー達の一番苦しい時であり、精神状態を少しでも楽にしてあげたいというお父さんお母さん達の言葉掛けが印象的でした。「まぁ、そう急がんと、ちょっと休んできゃあ」つかれたランナーには浸みる言葉だと思います。
ボランティアとして2日間参加させていただいた自分でしたが、本当のボランティアは地元の方々なのかなと思ってしまいました。満足できる走りをした方、また来年に向かって頑張る方どんな思いの夜叉だったのでしょうか。
来年は、どうしようかな私自身?
 

古井さんへ

 投稿者:岡本勝美  投稿日:2017年 8月13日(日)20時22分44秒
  有難うございます。明日新城で又お会いできると思いますが、又マラソン談義楽しみにしてます。来年も完走を皆さんと一緒にしましょ!
日本全国の皆さんこの大会は是非参加して見てください。自分を試せる最高のいい大会だと思います。自分を見つめる人生を変える最高の大会になると思います。是非参加してみてください
お勧めです(^^♪
 

岡本(天白)さんへ

 投稿者:NO104  投稿日:2017年 8月13日(日)16時17分44秒
編集済
  昨年のリベンジおめでとう御座いました。今年はわたしも苦戦して、坂内通過は制限時刻のわずか5分前でした。
なので、ゴール後岡本さんとはお会いできずでした。スタート前の写真ここへ載せていきます。
HPの写真見つけましたので見てください。
古井(岡崎中総)
 

25周年を振り返って

 投稿者:ゼッケンNO10 竹内 弥富  投稿日:2017年 8月12日(土)03時25分39秒
  第4回 1996,7,27,28 未完走 70KM          夜叉が池に初参加したのは1996年で.夜叉が池にい
第5回 1997,7,26,27 欠 席 台風のため  くのに.あまりにも時間かかりすぎて.色々と関門
第6回 1998,7,25,26 未完走 90KM     をつくっていただき.迷惑をかけて.すいませんでし
第7回 1999,7,24,25 未完走 80KM     た.
第8回 2000,7,29,30 初完走 131KM 完踏    ここまで続いたのは.大会役員.地域の人達.ボラン
第9回 2001,7,21,22 完 走 131KM 完踏  ティアなど.たくさんの人達によって.ここまで続
第10回 2002,7,27,28 完走 131KM 完踏  けられました.大変.感謝しております.どうもあり
                     がとうございました。
第11回 2003,7,26,27 完走 135KM 完踏  これから.私は.参加できるかどうかは.わかりませ
第12回 2004,7,24,25 完走 135KM 完踏  ん。今は.走れない状態が続いてるからです.
第13回 2005,7,23,24 完走 135KM 完踏    でも.大会が.あり続ける限り.私は.周りに文句を
第14回 2006,7,22,23 未完走 100KM    言われながらも.参加を続ける予定です。少しで
第15回 2007,7,28,29 完走 135KM 完踏  も.参加回数を増やします.
第16回 2008,7,26,27 未完走 82,3KM      これからも.よろしくお願いいたします.
第17回 2009,7,25,26 完走 135KM 完踏
第18回 2010,7,24,25 未完走 82,3KM
第19回 2011,7,23,24 未完走 72,4KM
第20回 2012,7,21,22 未完走 88,1KM
第21回 2013,7,27,28 未完走 56,4KM
第22回 2014,7,26,27 未完走 70KM
第23回 2015,7,25,26 未完走 82KM
第24回 2016,7,23,24 未完走 45,4KM
第25回 2017,7,22,23 未完走 50KM
 

ゴールできました

 投稿者:岡本勝美  投稿日:2017年 8月11日(金)22時08分8秒
  天白川走友会ゼッケン223 昨年はバイクランドでリタイヤしてしまい今年はどうにかゴールしたいと思いもう駄目かと思いつつゴールできました。後半残り15km雨の為足の裏が、水ぶくれで靴を脱ぎ何度か安全ピンで水を抜きながら激痛との戦いでしたが、いい思い出の大会になりました。又エードのスタッフの皆様ありがとうございました。実はゴール後足を引きずりながら温泉に向かい悲鳴を上げながら温泉に浸かりもうこんな大会参加しないぞとぶつぶつささやいてましたが、時間と共に疲れも取れ気持ちは来年どのように楽してゴールできるかとつぶやく毎日です。来年もよろしくお願い足ます。ありがとうございました  

夜叉ヶ池到着時刻

 投稿者:仕掛け人1  投稿日:2017年 8月 4日(金)02時17分48秒
  カメラの時刻が違っていたので28分30秒、池到着時刻を早めました。
時報並みの制度はありませんが、訂正いたしました。
写真の画像データを引っ張り記録といたしましたことでご迷惑をおかけしました。
 

(無題)

 投稿者:吉田幸彦  投稿日:2017年 8月 3日(木)21時55分18秒
  夜叉ヶ池伝説マラニックに想いを寄せて
吉田幸彦

第20回大会、二日目の朝、弟の知やんと従兄の慎ちゃんと私の3人は最後尾近くから坂内の体育館前をスタート、途中夜叉龍神社に立ち寄り夜叉ヶ池に無事行って来られるようお願いをして再出発しました。
この辺りから夜が明けてきて、登山道に向かう道は渓流に沿って清々しい。ちょうど合歓の木の花が満開なのが印象的でした。
我々3人はいつも楽しくマラニックすることをモットーに行動を共にしており、この日も関門にかからない程度に走ったり歩いたり、綺麗な景色を写真に撮ったりしながら進んで行きました。
バイクランドエイドを通過してまもなく、いよいよ登山口に向かう林道に入る。3人は相前後しながら林道終点エイドのひとつ手前の神岳橋エイドに到着。「このペースで行けば関門は十分クリア出来るね。」と3人で確認し合いました。
4.4km先の林道終点エイドにはたまたま私が先に到着して山用シューズに履き替え、食べ物と飲み物を補給していると慎ちゃんが到着しました。
弟の知やんも一緒だと思っていたのに姿が見えない。暫くすると「エイドのすぐ手前でランナーが倒れている」との声があがりました。
「そうか、知やんはその介抱をしているのかな」と思いコースを引き返すと、エイドから数10mも行かないところでランナーが道端に倒れていてもう一人のランナーが覗き込んでいた。そこはエイド直前にも関わらず、コースが鋭角にカーブしており、大勢のランナーやスタッフがいたエイドからは全く見えない位置だった。
倒れていたランナーは弟の知やんでした。

後日、夜叉ヶ池の会掲示板や他のブログ・SNSでこの件について様々な書き込みがありました。一部で心無い書き込みもありましたが、直ぐにそれを打ち消す複数の書き込みがあり、夜叉ヶ池伝説マラニックに対するランナーやスタッフ・ボランティアの篤い思いに安堵しました。
私は当事者であり本件についてのコメントはこれまで一切しませんでしたが、大勢の方が書かれたコメントにあるように夜叉ヶ池伝説マラニックのような大会は、大会運営側の配慮とランナーの自己管理の両方があってこそ成り立つものだと理解しています。それは安全面についても然りです。

この第20回大会直前にスタッフの方々の高齢化などを理由に20回を節目に終わるのではないかとの噂を耳にしていました。それが運営スタッフの総意ならそれも致し方が無いなと思っていましたが、今回の事故がきっかけで大会が中止になるのは弟の知やんにとっては悔やみきれないだろうと思いました。(私が弟の立場でも同様です)
しかし、大会を継続開催しても中止しても心無い中傷は出たでしょう。その点は大会スタッフの方々に本当に申し訳なく思っています。

結果としてマラニックは今年第25回大会を迎えることになりました。
その間の運営スタッフの皆さんの御苦労は大変だったと思います。
あれ以来、安全に対する配慮が年々充実して来ていることはリピータランナーの誰もが感じていることでしょう。
私自身も翌年市民救命士の講習を受けました。あの時、倒れている弟を目の前にしながら何も出来ない自分の無力さを痛感したからです。遅まきながらその講習で心臓マッサージは時間との勝負であることを知りました。
最近は運営側スタッフのみならず、ランナーの中でも医療関係者や私のように一般市民で救急救命士講習を受けたランナーがそれを示すワッペンなどを付けて走る大会が増えてきました。この夜叉ヶ池伝説マラニックでも採用され、今年は特に大勢のランナーがハートのワッペンを付けて走りましたね。

このように夜叉ヶ池伝説マラニックは我々3人にとって特別な大会となりました。
私自身走力の衰えもあり、完走は難しくなってきましたが、今後この大会が続く限り、何らかの形で関わり続けさせて頂きたいと思います。

2017年7月吉日
弟の兄




 

レンタル掲示板
/68