teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:13/23 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

全国児童養護問題研究会(養問研)神奈川支部主催 定例学習会のお知らせ

 投稿者:神奈川支部 安部  投稿日:2015年 1月24日(土)16時55分28秒 i114-182-39-191.s05.a014.ap.plala.or.jp
  通報 返信・引用
  > No.17[元記事へ]

時下、皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
平素より当支部の活動にご支援、ご協力を賜りまして誠にありがとうございます。
さて、今年度第3回目の定例学習会を下記のとおり企画いたしました。
児童養護施設等社会的養護の施設(以下、施設)において、現場職員は虐待や発達障害が背景にある子どものニーズに応えるべく、他の職員等と連携しながら支援しています。
しかし子どものニーズに十分に応えることは容易なことではなく、日々の支援の中で生きづらさを抱える子どもへの理解と対応に困難を伴ったり他職員との連携が機能していかなったりする時があるのではないでしょうか。
また近年推進されている施設の「ケア単位の小規模化と施設機能の高度化」は、支援の個別性の向上等様々なメリットがある半面、子どもも職員も分散個別化されることによって、一人勤務が増え職員が孤立し適切さに欠ける支援に陥るリスク等のデメリットがあることも考えられます。
職員個人及び職員集団には今まで以上の力量が求められています。
そこで今回の学習会は、長年都内の児童養護施設で児童指導員をされた後に大学教員になられ、施設職員から様々な相談に応じ運営改善にも取り組んでおられる講師をお迎えして、講義と質疑応答を行い、皆様とともに学び合い、支援の質向上につなげていくことを目指します。
お忙しい日々かと存じますが、お誘い合わせの上、多数のご参加をお待ちしております。

日時:平成27年2月6日(金)13:30~16:30(受付13:00~)
会場:神奈川県社会福祉会館(横浜駅より徒歩15分)
テーマ:社会的養護の施設において、子どもや職員との関係で困った時に
どうすればよいか~子どもの理解を深めてより良い関わりを考える~
講師:中山 正雄 氏(白梅学園短期大学教授)
児童養護施設でグループホームも含め25年間在職した後、上記現職。保育園2園の理事長。
主な著書『ファミリーソーシャルワークと児童養護の未来』『実践から学ぶ社会的養護』他多数。

参加費:2000円(学生1000円) 定員:50名
参加申込:FAXにて下記までお願いします。
なお先着順で締め切りとさせていただきます。定員を超えご参加できない場合のみ事務局より
ご連絡いたします。ご了承下さい。学習会後、懇親会を予定しております(参加費別途)。
参加申込・問合先:〒252-1124神奈川県綾瀬市吉岡2377唐池学園(担当)中里
TEL:0467-78-0012 FAX:0467-76-3006 E-mail:kara-002@atlas.plala.or.jp


 
 
》記事一覧表示

新着順:13/23 《前のページ | 次のページ》
/23