teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


謹賀新年

 投稿者:sakamoto  投稿日:2019年 1月 1日(火)11時51分52秒
返信・引用
  新年明けましておめでとうございます。

12月29日、快晴だった日でしたが、高草山の笛吹段公園に行ってきました。
落ち葉が風に舞い、道中も素晴らしい。
公園からは目の前の茶畑、焼津港、銀色に映えた駿河湾、伊豆半島、そして志太平野が遥か遠くまで一望でき、私のお気に入りのスポットです。故郷はいいものです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
 

「打ち出せ、荒ぶる鐘よ」

 投稿者:sakamoto  投稿日:2018年12月31日(月)13時08分48秒
返信・引用
  今年も色々お世話になりました。

来年が良い年でありますよう祈念いたします。

恒例(?)となった桂冠詩人テニスンの「打ち出せ、荒ぶる鐘よ」。

「打ち出せ、荒ぶる鐘よ」
アルフレッド・テニスン

打ち出せ、荒ぶる鐘よ、荒れ狂う空へ
疾駆する雪と、凍てついた月へ
この年は夜の中で死にかけている
打ち出せ、荒ぶる鐘よ、そして死なせるのだ

打ち出せ、古きものを、打ち入れよ、新しきものを
響き渡れ、幸せの鐘、雪の世界に
この年はもう行く、行かせるのだ
打ち出せ、欺瞞を、打ち入れよ、真実を

打ち出せ、心萎えさせる悲しみを
もうここには見えぬ者たちへの
打ち出せ、富者と貧者の確執を
打ち入れよ、全人類の救済を

打ち出せ、次第に消えてゆく大義を
そして古ぼけた政争を
打ち入れよ、より高貴なる生の歩みを
より優しき礼節と、より純粋な法律を

打ち出せ、欲望と心労と罪とを
時代の不実な冷たさを
打ち出せ、打ち出せ、我が悲しき韻詩を
が、打ち入れよ、より十全なる吟遊詩人を

打ち出せ、地位と血へのおごりを
巷間の中傷と悪意とを
打ち入れよ、真実と正義への愛を
打ち入れよ、善への普遍の愛を

打ち出せ、古き悪しき病を
金塊への深まる欲望を
打ち出せ、幾千のいにしえからの戦いを
打ち入れよ、幾千年の平和を

打ち入れよ、勇敢で自由な人間を
より大きな心とより温かい手の
打ち出せ、大地の暗闇を
打ち入れよ、救世主となる者を



Ring Out, Wild Bells

Ring out, wild bells, to the wild sky,
  The flying cloud, the frosty light;
  The year is dying in the night;
Ring out, wild bells, and let him die.

Ring out the old, ring in the new,
  Ring, happy bells, across the snow;
  The year is going, let him go;
Ring out the false, ring in the true.

Ring out the grief that saps the mind,
  For those that here we see no more;
  Ring out the feud of rich and poor,
Ring in redress to all mankind.

Ring out a slowly dying cause,
  And ancient forms of party strife;
  Ring in the nobler modes of life,
With sweeter manners, purer laws.

Ring out the want, the care, the sin,
  The faithless coldness of the times;
  Ring out, ring out my mournful rhymes,
But ring the fuller minstrel in.

Ring out false pride in place and blood,
  The civic slander and the spite;
  Ring in the love of truth and right,
Ring in the common love of good.

Ring out old shapes of foul disease,
  Ring out the narrowing lust of gold;
  Ring out the thousand wars of old,
Ring in the thousand years of peace.

Ring in the valiant man and free,
  The larger heart the kindlier hand;
  Ring out the darkness of the land,
Ring in the Christ that is to be.
 

三谷幸喜作「其礼成心中」(グランシップ)

 投稿者:sakamoto  投稿日:2018年 8月12日(日)10時34分24秒
返信・引用
  私は、グランシップの会員である。
今年も「伝統芸能シリーズ」全5公演のチケットを買う。

その2回目の公演が、昨日あった。(6月に1回目の歌舞伎鑑賞教室があったが、仕事で都合がつかなかった)
ハイソな女性が多い中、三谷幸喜作ということでハイソな人以外の三谷ファンもいたようである。

劇の始めの頃は、さほどのもではないとと思っていたが、実際、うとうととしまったが、劇が進むうちに、進行にのめりこんでいく自分がいた。終わりハッピーエンドであり、観た価値があった。三谷氏はやはり才人と思った次第である。

以下はネットに載っていた感想。
@@@@@
さて「其礼成心中」は、ご存知 近松門左衛門の
「曽根崎心中」のタイトルのパロディです。「それなりしんじゅう」
確かに後半見ていくと「それなりの心中」だし・・・ナイスタイトル(笑)

テレビ画面をデジカメで撮ったので見づらい部分多々ありますがm(__)m


まず前説、特製三谷さんのお人形が、携帯の電源は切ってくださいねなどと
ご説明。似てるよね!

時は江戸時代、大阪は曽根崎(今も地名は残っています。いわゆる「梅田」のあたり)
の森にて身分違いの恋に悩む、おせんと六助がまさに心中しようとしていたところへ。

近くで饅頭屋を営む半兵衛がそれを見つけてとめに入る。

死に急ごうとする二人をなんとかなだめて自分の店へ連れて行き、
饅頭を食べさせて、女房のおかつが人生の先輩として

「今死んだらあかん」となだめる。
「おせんさんはいいなずけと結婚しなはれ。今は六助さん一筋でも
めおとになったらその人に情が移ります」と説得し、
二人は気を静めて帰っていく。

折りしも近松が「曽根崎心中」という作品を書き評判になり
この世をはかなむ多数の男女が界隈で心中を図ろうとしていた。

見事おせん・六助の一命をとりとめたおかつの姿を見て
半兵衛が思いついたのは・・・

心中しようとしているカップルを連れてきておかつが「人生相談」に乗り
その上饅頭をちょっと色をつけて売り、金儲けするというもの。

実際、この計画は大当たり。あっという間(?)にひだりうちわの生活。

奥さんのおかつはネイルのお手入れまでしてもらうように(笑)


ところが、今度は近松が「心中天網島」という新作を発表。
今度は網島でかき揚げ天ぷらを売って一儲けたくらむ天ぷら屋が現れ
あっという間に饅頭屋は傾き(ホントにセットも傾いてた)
半兵衛は借金まみれ・・・

「わしの人生、アイツにもてあそばれまくりや」
怒り心頭の半兵衛は近松に直談判。文句を言いに行く。

しかし執筆に多忙な近松はまるで相手にしない。

「曽根崎心中の続編を書いて欲しい」と詰め寄る半兵衛に。

「そんならこちらが書こうという意欲が掻き立てられるぐらいの
心中を起こしてみなはれや」と一言。

↑こちらが近松さん。やっぱり大先生顔ですね(笑)
しかし近松さんも没後どんだけたったかわかりませんが
こんな風に自分自身が文楽の中に登場するとは思わなかったでしょう^^;

そんな中、半兵衛とおかつの一人娘・お福は
あろうことか、ライバル・網島の天ぷら屋の息子と恋仲に。

そのことを両親に告げると二人は腰を抜かさんばかりに驚くが。。

半兵衛一大決心。「よっしゃ!ここでわしらが心中を図れば
近松さんが書いてくれてまた曽根崎が話題になって饅頭が売れる。
お福は結婚させてやって、饅頭屋を二人で切り盛りしてもらおう」

曽根崎の森では誰も発見してくれない可能性があるので
(今まで森で心中しようとしていた男女はすべて半兵衛が発見)
じゃあ・・ということで淀川に投身することに。

ここがまた斬新でしたね。ビニールを張って「水」に見立てて
全身を使って泳ぐおかつと半兵衛。

文楽の人形は足も手も自在に動くのでもちろん可能なんだけど
今まで見れなかった姿にコーフンしました(笑)

※写真じゃ全然伝わらないですなm(__)m

結局水中の苦しさに耐えかねて出てきてしまった半兵衛。
おかつさんも彼の人工呼吸で息を吹き返します

そこへタイミングよくやってくるおせん・六助。
二人は一度別れておせんは嫁いだものの未亡人に。
仕事が一人前になりのれんわけで店を出した六助と
晴れて夫婦になっていたのです。

「あの時のご恩返しに・・・」と大金を渡しにきたのでした。。

てなわけで(笑)最後はメデタシメデタシ。
熟年夫婦の愛の物語だったなぁと思いつつ、お芝居は終わりました。

これもまた文楽ではありえない「カーテンコール」
人形遣いの方たちも登場し人形に手を振らせてました。

どんな人が人形を操ってるのかお客様に見ていただこうという
三谷さんの配慮(なのかな?)も心憎い(笑)

三味線の方も手を振ってましたがノリノリで振ってる方
照れくさそうな方、個人差があって面白かったです。

三谷さんがコラムで前に書いてたと思うんですけど
人形遣いの人って私ももっとご高齢かと思ってたんですよね。

ところが若い方たちばかりで。思えば体力勝負ですから
人形を操りながら動くわけで。若くないと務まりませんわね。

今回の「其礼成心中」では、一日7時間人形を持ってお稽古し
そんなことは日ごろないそうですが、「新鮮で楽しかった」と
お1人の方がおっしゃっておりました。

いや、これは次回も(あるのかな?)是非とも見たいですよ、三谷文楽!!

るどさん、エエもの見せてもろてホンマおおきに♪
(最後、私も関西弁にしてみました)

三谷文楽を鋭く暖かく批評した記事も見つけたので
よかったら読んでみてくださいねm(__)m

http://www.nikkei.com/article/DGXBZO44969240U2A810C1000002/

~おかげさまで声はまだガラガラですが風邪はだいぶよくなりました
ありがとうございます(*^_^*)~
 

「小川国夫作品集」

 投稿者:sakamoto  投稿日:2018年 8月 4日(土)10時38分19秒
返信・引用
  暑い(×2)。

仕事の関係で、チェコの翻訳会社と日頃、やりとりをしている。前任者も(文面上しか分からないが)温かい人柄だったが、新任の方(女性)も好意的であり、この方は日本語を勉強していたようで、日本語を時折入れてくる。ボルダリングをやり、日本が大好きな人のようである。近い将来、世界自然遺産を見に日本に来たいという。

先日、「小川国夫作品集」(河出書房)7巻、他作品集を、預けていた知人から回収する。30年振りの帰還である。
やや傷んでいるが、無事に戻ってきたことが嬉しい。
221b Baker Street(私と子どもの部屋)には、「藤枝静男作品集(全6巻)」の隣に「小川国夫作品集」が鎮座している。
(郷土の作家をこれほど揃えているのは、焼津、藤枝あたりでもレアかなと(ひそかに)自慢に思う。)

作品によっては、この30年の間に別途に買った本もあるが、それはそれでいたし方ないことである。

これで今後の余暇の過ぎし方も少しは充実するものかと思う。読んだはずなのであるが中には読んだことも忘れていたものもある。
 

快挙・四分休符先生テレビ出演

 投稿者:keizo  投稿日:2018年 7月 8日(日)04時48分18秒
返信・引用
  この掲示板でもおなじみの精神科医の
四分休符先生がこのたびテレビ出演されることになりました。

ご著書の「家康その一言」に注目されたようです。

みなさん、ぜひ見てください。

@@@@

(前略)

先月、拙著を読んだというBS-TBSの歴史番組

「にっぽん!歴史鑑定」のプロデューサーから連絡

があり、インタビュー取材に応じました。

7月9日(月)22:00-22:54放送予定「家康と信康~

父と子の争い」というテーマの番組に少し出ること

になりそうです。

 醜態をさらすことと思いますが(笑)、一応、御連絡

いたします。
http://www.bs-tbs.co.jp/culture/kantei/
 

Re: 別所哲也と近藤主税

 投稿者:sakamoto  投稿日:2018年 6月17日(日)08時53分35秒
返信・引用
  > No.8497[元記事へ]

sakamotoさんへのお返事です。

http://kakaku.com/tv/search/keyword=%e8%bf%91%e8%97%a4%e4%b8%bb%e7%a8%8e/

近藤主税さんは、春矢くんの1型糖尿病が発覚して途方に暮れていた。そんな時、別所哲也のある一言で心を奮い立たせることができたという。2人が23歳の時、近藤主税さんは別所哲也が出演する舞台を訪れ、再会。その時の「一番やりたいことが見つかった。だから30歳まではやらせてくれ」と言って父を説得したという別所哲也の言葉を思い出した。そして、近藤主税さんは「今、自分が一番やりたいことをやろう」と考えた。今年5月、「歌舞伎座の快人」が出版される。

近藤主税さんは31歳で奥様と結婚。37歳の時、春矢くんを授かったが、染色体の異常が判明。40歳の時、雛子ちゃんが誕生。家族一丸となってサポートし、春矢くんは力強く成長していった。しかし2016年8月、春矢くんは1型糖尿病になった。1型糖尿病の完全な治療法は、まだ確立されておらず、1日6回のインスリン注射と定期的な通院を続けている。

近藤主税さんにエピソードVTRを観てもらった。また、近藤主税さんは学生時代の別所哲也について「意識高い系」などと話した。また、春矢くんの1型糖尿病が発覚して途方に暮れていた時、別所哲也のある一言で心を奮い立たせることができた、という。

近藤主税さんの父は漁業協同組合に勤めており、母はお琴の先生。藤枝東高校に進学。日本文学にのめり込み、筑波大学比較文化学類に進学。大学卒業後、新潮社に入社。27歳で「週刊新潮」で映画演劇担当になり、年間映画200本、映画100本を見る生活をしていた。31歳の時、奥様と結婚した。一方、別所哲也は銀行員の父、美容院を経営している母を持つ。藤枝東高校に進学。洋楽を聴き、歌詞を聞き取って英語を勉強し、慶應義塾大学法学部へ進学。その後、東京学生英語劇連盟に入団。21歳の時にミュージカル「ファンタスティックス」でデビュー。「波の数だけ抱きしめて」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。


 

別所哲也と近藤主税

 投稿者:sakamoto  投稿日:2018年 6月16日(土)10時30分5秒
返信・引用
  今週の水曜日、何気なくテレビを観ていたら、別所哲也が出ていた。
http://www.tv-asahi.co.jp/aitsuima/backnumber_new/0072/

番組は、彼の藤枝東高時代の級友(近藤主税氏)が登場し、東高時代のお互いの印象を語っていた。
2人とも59年卒であるから、我々より10年下となる。
別所は、バレー部に属し、この頃から、ネィティブな発音で英語の教科書を朗読していたという。近藤氏は、理論派で通っていたという。

近藤氏の父親は焼津漁協に勤めていたというから、焼津出身だと思う。
お互いの高校時代の写真が出ていたが、写真から察するに、高校の卒業アルバムからとったと思われる。

近藤氏は、東高卒業後、筑波大で、日本文学を専攻し、その後、新潮社で、歌舞伎に関する記事を書いていたという。
番組に依ると(ここで思い出した。近藤氏は、昨年の東高同窓会報「千南原」に出ていた)、近藤氏は、最初の子どもが障害児で、本人自身も近年、不治の病に襲われ、長生きは出来そうもない状態であるという。
そのような絶望的な状況で、彼の気持ちを前向きにさせたのは、23歳の時に別所と再会した際に、別所が言って言葉であったという。それが、生きている間、子どもにその証しを残すということにつながり、ノートを元に、最近、歌舞伎に関する本を上梓したという。

番組を観ながら、遥か昔の東高時代のあれこれを想起してしまった。

@@@@@

今朝、これで3回目となる、The Remains of the Day を読了。何度読んでもいい本だと思う。
 

恩師の旧宅

 投稿者:sakamoto  投稿日:2018年 6月 5日(火)12時31分52秒
返信・引用
  大学時代の恩師夫妻は、数年前に生まれ故郷に近い関西に移り住んだものの、静岡(大谷地区)の旧宅の買い手がまだ見つからないと最近貰ったハガキに買いてあった。

市の調査に依れば、土地家屋1900万円のところを1600万円に下げてもよいとのこと。
旧宅は、眼下に駿河湾を、また安倍川の花火大会を見ることが出来る丘陵地にある。

誰かいないだろうか。
 

「源氏物語 上」(角田光代訳 河出書房新社)

 投稿者:sakamoto  投稿日:2018年 6月 3日(日)09時29分18秒
返信・引用
  池澤夏樹個人編集 日本文学全集「源氏物語 上」(角田光代訳 河出書房新社)を読んでいる。

昨年は、同シリーズの「平家物語」を読み、次はどの古典文学を読もうかと考えていたのだが、「源氏物語」に落ち着く。
上巻は、昨年11月に刊行され、中巻は、今年の秋、下巻は来年刊行される予定らしい。

第十帖の「賢木」(さかき)を現在、読んでいる。346/648ページ。あと300ページ。

今から1000年前に書かれた本であるが、当時の帝および、取り巻きの貴族の人の生活が何とも優雅であることに驚くとともに、日々の暮らしに困らない主人公の女性遍歴に興味を持ちつつも幾分辟易する。

「源氏物語」も「100分de 名著」に取り上げられているのに昨日、気づく。

---------

併読する本が何冊あるが、そのうち、「藤枝静男 著作集 第3巻」を読んでいる。この巻の目玉は、明治時代、訪日中のロシア皇太子を一巡査による凶行事件を扱った「愛国者たち」である。
小説というよりもノンフィクションである。
簡潔、かつ冷徹に、事件に関わった当事者の動向を描ききっている。締めもよく、余韻を残すものとなっている。
時の権力、権威に屈せずに、司法の独立を守った事件として有名であるが、今回の再読で気づいたのは、司法の独立を守った裏側を覗くような部分があり、興味深かった。

「藤枝静男 著作集」は、あと2巻残っている。彼の名声を高めた作品が残りの巻に収まっている。
いずれも文庫本を読んだものであるが、次はどんような印象を持つか、半分不安、半分期待が入り混じっている。
 

INTERNATIONAL BOOK AWARDS

 投稿者:sakamoto  投稿日:2018年 5月30日(水)17時45分20秒
返信・引用
  同僚が編集し、私も昨年の今頃、英文査読で手伝った"BUDO"が、この度、INTERNATIONAL BOOK AWARDS を貰うことになった。

http://internationalbookawards.com/2018awardannouncement.html

INTERNATIONAL BOOK AWARDS

Multicultural Non-Fiction

Winner
BUDO: Japanese Martial Arts
 

自省録(マルクス・アウレリウス)と「生きがいについて」神谷美恵子100 de 名著

 投稿者:sakamoto  投稿日:2018年 5月27日(日)11時21分14秒
返信・引用
  昨年暮あたりから、「世界の名著・キケロ、エピクテトス、マルクス・アウレリウス」の2度目の再読をしている。(ストア哲学を今少し理解しようと思ったのだが、中々難しいのが正直な感想である。)

最後の篇、マルクス・アウレリウス「自省録」を読み始めている最近、本屋で「生きがいについて」神谷美恵子(100 de 名著)が出ているのに気づき、早速、購入する。

実は、故:神谷美恵子さん(精神科医。元文部大臣 前田多門の長女。幼少期に父親の関係でスイスの学校で学ぶ。フランス、英語を自国語にように扱う。兄にパスカル研究者・前田陽一氏がいる)の座右の本に、マルクス・アウレリウス「自省録」があるのを知っていたからである。神谷さんは、ギリシア語から、「自省録」を読み、しかも翻訳し、岩波文庫から出している。

昨秋イシグロ・カズオのノーベル文学賞発表時、偶々、The Remains of the Dayと「わたしをはなさないで」(こちらは邦訳)を読んでいるときで、そのシンクロニシティに驚いたのだが、今回もそのシンクロニシティに驚く。

昨日、八木一仁君から、「シェークスピア映画 全作品」を借りたのだが、私のPCからは再生が出来ない。
こどもが持っているプレーヤーでないと駄目のようであるが、浜松に下宿しているリケ女のこどもがプレーヤーも持っていってしまい、鑑賞できない。

焼津の林そう院の前住職のアメリカ布教とスティーブ・ジョウブ氏の関連性は、八木一仁君も多大な関心を寄せており、元檀家の者として嬉しい。
以下のHPにも簡単ではあるが触れている。
http://www.rinso-in.com/shunryusuzuki.html
 

Re: 史上最低のクソゲー

 投稿者:DAN  投稿日:2018年 4月 2日(月)02時29分5秒
返信・引用
  > No.8491[元記事へ]

keizoさんへのお返事です。

大変だったんですね。ゲーム音痴なのに開発の責任者って・・・恐ろしいです。
裏話、ありがとうございました。
 

Re: 史上最低のクソゲー

 投稿者:keizo  投稿日:2018年 3月31日(土)15時15分12秒
返信・引用
  > No.8490[元記事へ]

DANさんへのお返事です。

> keizoさんへのお返事です。
>
> カロリーくん、私の好きなゲームの一つです。
> アーケード基板を買ってプレイしていたくらいです。
> 面白いゲームを作っていただき、ありがとうございました。
> 因みにニコ動のプレイヤーは私ですw

DANさん、はじめまして!

いやあ、びっくりしました。
DANさんのような方が、ここに投稿してくださるなんて!!

この掲示板、サーチに引っかかったんでしょうね?

もともと、「ゲーム嫌い」の私が、ひょんなきっかけで、
静岡市のゲームセンターを経営している会社に拾ってもらい、
ビデオゲームに携わることになったのですが、
その頃はナムコのゼビウスが大ヒット中でした。

私はこのゲームもやったことがないくらい、
ゲーム音痴だったのですが、なぜか開発の主任にさせられてしまい、
毎日がもう、針の筵でした(泣)。・・・といいつつかなりいい加減でしたが(汗)

カロリー君は、確か入社から三年目ぐらいに作った作品です。
やっとあの程度の作品が作れるようになったのですが、
(といっても、技術面は他のスタッフに任せきりだった)
製品にして世に出す直前で、私は疲れ切ってしまい、
会社を辞めてしまったいきさつがあります。

それにしても、全面クリアするなんて凄いですね。
動きに無駄がなく、私よりも動きや通路設定に熟知されているのがわかりました。
ただただ恐れ入りました。

でも、あの設定は、僕が辞めた後、
優秀なスタッフが全面的に改定したものなんですけどね。
(かいはつうらばなしでしたー!!)
 

Re: 史上最低のクソゲー

 投稿者:DAN  投稿日:2018年 3月30日(金)19時39分9秒
返信・引用
  keizoさんへのお返事です。

カロリーくん、私の好きなゲームの一つです。
アーケード基板を買ってプレイしていたくらいです。
面白いゲームを作っていただき、ありがとうございました。
因みにニコ動のプレイヤーは私ですw
 

禅マインド

 投稿者:keizo  投稿日:2018年 3月28日(水)06時42分28秒
返信・引用
  藤枝駅の図書館の新書コーナーに行ったら
下の本が目に飛び込んできた。

うらちゃんが以前文学者ニュースで触れていた

焼津の林草院にゆかりの深い
禅僧の描いた本だ。

うらちゃん知ってました?
とてもいい本だと思いました。

@@@@@

禅マインド ビギナーズ・マインド (サンガ新書) 新書

鈴木俊隆   (著),?    松永太郎 (翻訳)

内容紹介

スティーブ・ジョブズが青春時代にむさぼり読んだ、禅のバイブル。ジョブズの伝記『スティーブ・ジョブズ』のなかでも深い影響を受けた本として掲載されている『zen mind beginner's mind』の新訳完全版。(日本版『スティーブ・ジョブズ』では旧訳タイトル『禅へのいざない』で掲載)

アップル創業前夜、世界を洞察する智慧をジョブズは禅に見た。ジョブズの真実を理解するために必読の一冊。

佐野元春さん推薦!

僕は待っていた。待望の翻訳だ。
ZENがビートを作った。
アレン・ギンズバーグを代表とする
ビートニクたちのバイブル。
本書は、禅というシンプルな生き方に
興味を持つ人にとって、
やさしく平易な手引書となるだろう。
佐野元春

1970年に米国で出版以来、世界中で読まれている禅の入門書。
著者の鈴木俊隆老師は1959年に渡米し、サンフランシスコ禅センターを設立。渡米12年の間にアメリカにおける禅の基礎を築いた。アレン・ギンズバーグ、ゲイリー・スナイダーらビートニクたちを惹きつけ、1960年代、カウンターカルチャーのさなか、多くの若者が俊隆老師のもとで瞑想をした。のちにアップルを創業することになるスティーブ・ジョブズはまさにそうしたムーヴメントの申し子として本書と出会い、禅の道に入っていく。

本書134~135ページは、ノンブルなしの白紙とイラストのデザインとなっております。これは、原著『zen mind beginner's mind』の構成を踏襲したものであり、落丁ではありません。本書22ページの「はじめに」の中に、このイラストの描かれた経緯が紹介されておりますので、ぜひお読みください。

鈴木俊隆(すずき・しゅんりゅう)
1904年生まれ、1971年逝去。神奈川県平塚市の曹洞宗松岩寺に生まれる。12歳で静岡県周智郡森町の蔵雲院の玉潤祖温老師に弟子入り、駒沢大学在学中に蔵雲院住職、1936年に静岡県焼津市の林叟院の住職となる。1959年渡米し、サンフランシスコ禅センターを設立。1967年カリフォルニア州タサハラにアジア以外では最初の禅院である禅心寺を開く。1971年に68歳で禅センターにて逝去。渡米12年の間にアメリカにおける禅の基礎を築いた。欧米では20世紀を代表する精神的指導者の一人とされる。
 

Re: 又木克昌さん演出「シェークスピア・マクベス」

 投稿者:keizo  投稿日:2018年 3月23日(金)07時21分13秒
返信・引用
  > No.8487[元記事へ]

sakamotoさんへのお返事です。

> 日本シェークスピア協会会員で、焼津に住んでおられる又木克昌さん演出の「シェークスピア・マクベス」が、

うらちゃん、とても良い時間を過ごされたようですね。
私も行きたかったのですが、当日外せない用事があって、残念!

マタキさんは、とても良い仕事をされていますね!!
 

又木克昌さん演出「シェークスピア・マクベス」

 投稿者:sakamoto  投稿日:2018年 3月22日(木)14時30分33秒
返信・引用
  日本シェークスピア協会会員で、焼津に住んでおられる又木克昌さん演出の「シェークスピア・マクベス」が、3/21、藤枝市民会館で15時からあった。
(2500円)

私は、春の嵐の中、観に出かける。

ビデオ映像家の八木一仁さんも観劇される。

本日、又木さんに、以下のお礼を送る。

「又木さま
おはようございます。
望月(浦田)敏弘です。
昨日は、マクベスのお芝居、十分に堪能いたしました。

俳優も自分の持味を出しておりましたが、演出、舞台設置、効果等、あそこまで のレベルにまで持っていくには、大変なものがあったと思う次第です。
又木さんのスキルがいかに高いものであるかと見せ付けられました。

静岡ではなく、志太(藤枝)でシェークスピアの演劇を是非、根付かせてください。

次回の公演を楽しみにしております。

とは言え、今は休息が必要ですが。

どうもありがとうございました。」

に対し、

又木さんから、以下のご返事をいただく。

「昨日は嵐の中、お越しいただきありがとうございました。
「Shakespeareをわかりやすく伝えるためにフェイクした Fakespeare」ですが、それが
フェアーかファウルかはお客様方にお任せ。何とも無責任な演出家だろうと思われるか
もしれませんが、
望月さんは楽しんでいただけたようで、とてもうれしいです。シンプルな舞台で、シン
プルに伝えることはとても難しいことでしたが、これからも志太で挑戦していきたいと
思います。

A Trip to Oxfordはじっくりと読んで、感想を書かせていただきます。
取り急ぎお礼まで。

ありがとうございました!」

@@@@@

なお、藤枝市民会館で、4/14(土)午前、ウィーンで6年半、研鑽を積んだ、藤枝出身(後に鹿児島に移られた)の女流ピアニストによる演奏会のチケット販売があったので、それを思わず購入する。(2000円)
履歴を見ると、輝かしい履歴の持ち主である。

 

Re: 【公式】孤独のグルメ Season2 第12話

 投稿者:Libertarian  投稿日:2018年 3月18日(日)00時09分29秒
返信・引用
  > No.8485[元記事へ]

Libertarianさんへのお返事です。

> 「孤独のグルメ」から話が弾んだようですね。敬汝ちゃんの素直な成長が、実に素晴らしい
> です。啓造さんと奥様の、素晴らしい人間性の成せる技でしょう。小生は性だけですが(笑)。

 成せる業でした。どうも性技に引っ張られたか(笑)。

https://www.youtube.com/watch?v=H1hFejpLjG4

 

【公式】孤独のグルメ Season2 第12話

 投稿者:Libertarian  投稿日:2018年 3月18日(日)00時06分56秒
返信・引用
  「孤独のグルメ」から話が弾んだようですね。敬汝ちゃんの素直な成長が、実に素晴らしい
です。啓造さんと奥様の、素晴らしい人間性の成せる技でしょう。小生は性だけですが(笑)。

この番組、決して高級料理が出て来る訳でなく、我々も普通に食べている料理がテーマになり
松重さんに語りで「いいぞ!」となる訳です。お互い、「食うこと」に拘りがあるから、
こういうの引き込まれますね。五郎さんを見習い、食べる前に「戴きます」と手を合わせねば。

今回の御紹介は、三鷹の食堂です。三品選べる「お袋の味」です。茄子味噌なんて、ご飯が
進みそうですね。

ところで、先月、仕事で名古屋へ行き、「シェ・トト」でランチして来ました。ではでは

https://www.youtube.com/watch?v=H1hFejpLjG4

 

Re: 【公式】孤独のグルメ Season1 第04話

 投稿者:蒼天  投稿日:2018年 3月15日(木)15時32分55秒
返信・引用
  > No.8483[元記事へ]

keizoさんへのお返事です。

> > また、しぞーかおでん食べに行きましょうね。ではでは
>
> 近いうちに実現させましょう!!

私も参加させてください!!

おでんもさることながら
「話」が魅力。
 

レンタル掲示板
/238